習い事 婚活 料理教室

MENU

習い事で婚活!料理教室を学ぶメリットとスクール選び

婚活 習い事

 

婚活している人に人気の高い習い事の一つとして、料理教室が挙げられます。

 

婚活というのは最終目標を結婚に設定しているケースがほとんどですが、料理というのは中でも、家族の健康管理、食の満足度など様々な意味合いにおいて重要な意味を持つものとなっています。

 

男性は胃袋をつかむと良いといわれているように、料理というのは男性にとっても非常に魅力的なスキルの一つですのでアピールするときにマイナスポイントになるようなことはまずありません。

 

男性にとっては料理教室を習い事に挙げるということに対して、女々しいと感じられるのではないかと不安に思う人も多いですが、近年では一人暮らしをする男性も多いですし、結婚してからも共働きになる家庭も少なくありません。

 

そのため、男性が一人でも家事を一通りこなせるということは、女性にとっても大きなプラスポイントとなっていることが多く、比較的容易に受け入れられています。

 

家庭の状況を見ても、勤務時間帯によっては男性が食事を作ることが一般的になっているようなところもたくさんありますので、評価が高くなっています。

 

一方で、料理が苦手な女性にとってはかえって劣等感を抱くきっかけになることもありますので、お互いのことをよく知らないうちはあまりアピールしない方が良い場合もあります。

 

一方、女性は結婚してからも家事分担で中心的な役割を担うことが多いです。そのため、料理教室に通っているというアピールは評価をされやすくなっています。
もちろん、教室に通っていなくても料理が上手な人もいますので、早い段階で実際に料理の腕を振るう機会があれば、あえて自己主張する必要もありませんが、お見合いや婚活サイトのプロフィールなど、実際に付き合うようになるまでに時間がかかるケースの場合には、料理が一通りできるということをアピールする意味でも趣味や習い事のところに記入しておいた方がよいでしょう。

 

また、単に料理ができるというだけでなく、家族の健康を気遣えるような優しさや、低コストで種類の豊富な食事を作ることができるといった経済観念がしっかりしているなどのアピールも交えておくと、男性としても将来的に過程を安心して任せることができそうだという認識を深めることになります。

 

付き合っているときに手料理を希望されたときには、時間がかかっても良いので自分がきちんと作ったものを出すようにしましょう。その場しのぎで人に頼むと後が大変になります。

 

男性が料理教室を婚活目的で通う場合に注意するのは、まずは真剣に料理を習いに来ているということを周囲に認識してもらうことです。

 

初めから積極的に女性に話かける男性も見られますが、婚活パーティーなどとは違い、女性も真剣に習いに来ている女性が大半です。

 

しかも、彼氏持ちの女性が多いのも料理教室の女性の特徴です。

 

直接的にアプローチするよりは、料理を真剣に習いに来ている男性と認識してもらった後に、徐々に仲良くなって友達を紹介してもらえるような関係性を築くほうが得策かもしれません。

 

⇒評判のネット婚活サイトBEST3はこちら

 

⇒婚活初心者おすすめのお見合い婚活パーティーBEST3こちら